脱毛症にもう悩まない!はげた部分の原因発見&ケア方法学習ラボ

脱毛症になりやすい人とならないための対策方法

「体質」という言葉があるように、人それぞれ体の特徴は異なります。そのため、残念ながら脱毛症になりやすい人もいます。
体質の問題は言うなれば「生まれつき」の問題ではありますが、近年は抜け毛など髪の毛に関するメカニズムも解明されつつありますので、脱毛症になりやすい人がどのような人なのかはもちろんですが、対策も確立されているものもあります。
そこで、脱毛症になりやすい人の傾向と、脱毛症を回避するための対策を挙げてみるとしましょう。

 

・男性型脱毛症

脱毛症1
いわゆる「AGA」と呼ばれるものですが、男性型脱毛症の場合、こちらは見た目でも分かりやすいです。男性型脱毛症は男性ホルモンと密接な関係にありますので、男性ホルモンが強いなと思う人は、男性型脱毛症になる可能性がとても高いです。
ヒゲが濃い、体毛が濃い、胸毛が生えている。古くから都市伝説として語られてきた事というのは、決して間違いではないのです。速い人では20代からAGAの兆候が見られるのですが、完全に回避するのは難しいのが現状です。兆候が見られた後であればフィナステリドで抑える事は出来るのですが、状況が分からない段階であれば手の打ちようがないのが現状です。
男性ホルモンを極力刺激しないような生活を心がけておくくらいでしょうか。

 

・円形脱毛症

軟毛トップボタン
円形脱毛症になりやすい人というのは、ネガティブ志向な人こそ円形脱毛症になりやすいです。回避するためには、ストレスを溜め込まないのはもちろんですが、あまりネガティブに考えるのではなく、前向きな考え方が必要になってくるでしょう。
マイナス思考ですと、ストレスが体内で増幅されていき、結果、体に様々な影響が出ますので、ネガティブにならない事。そして、適度にストレス解消する事です。
自分の時間に没頭するでも良いですし、友人や知人と思い切り騒ぐなど、自分の時間を楽しむ事も必要です。
むしろそれこそが円形脱毛症にならないための「対策」なのです。

 

・女性型脱毛症

脱毛症2
こちらもまた、ホルモンが影響するものです。女性ホルモンの減少によって発症するものになりますので、女性ホルモンが少ないなと感じている人こそがなりやすい症状です。
例えば毛深い人は、女性ホルモンが少ない事が考えられますので、女性型脱毛症になる可能性が高いです。
声が低い人や、胸がそこまで大きくはない女性も可能性が高いので、回避するためにはエストロゲンなど、補正ホルモンに似たような働きをしてくれる成分をしっかりと摂取しておいた方が良いでしょう。それだけで影響が違いますし、まさに「コツコツと」エストロゲンを補給するだけで状況は変わってきます。

 

男性型脱毛症を改善するために育毛剤を試す価値あり!!

男性型脱毛症で悩んでいる人はAGAや育毛サロンに行くよりもまずは育毛剤を試してください。男性型脱毛症の場合は頭皮が血行不良に陥っています。それを解消するために育毛剤で血管を太くしたり、育毛促進効果のある成分を浸透させることで男性型脱毛症が改善されるケースもあります。
ところでM字はげと呼ばれる薄毛はどうでしょうか??もちろんこれも男性型脱毛症の一種です。特に日本人の8割がM字はげといわれています。
これの解消もやはり育毛剤を試していいと思います。最初からAGAにいってミノキシジルやプロペシアを処方してもらう方法もありますが、育毛剤があなたにあっている可能性もあります。その場合は毎月払う必要の無いお金が2万、3万と多くなっていくでしょう。
M字はげについてもっと知りたい人はこちら
>>M字はげ復活に人気の育毛剤!チャップアップと薬用プランテルの効果